サポート担当者は Sugar のカスタマーセルフサービスポータルを使用して、ケースの作成、顧客情報の更新、ナレッジベースの検索、バグのトラッキングを行うことにより、問題解決までの時間を短縮し、ケースの全体的な作業負荷を下げることができます。

顧客は Sugar のカスタマーセルフサービスポータルを使用して、ケースの作成、関連情報のアップロード、ナレッジベースの検索、ケースのトラッキングを行うことにより、電話でサポートを依頼することなく、自分自身で問題を解決することができます。

すべてのケースは Sugar のケースモジュール内に、自動的に表示されます。サポート担当者は、セルフサービスカスタマーポータルを使用して、連絡先情報の更新、ケース履歴の確認、ニュースレター購読の解除を簡単に行うことができます。

FAQ とナレッジベースを使用して、サポートに関する情報を顧客に提供することができます。顧客はセルフサービスポータルを使用して、問い合わせへの回答の取得、トラブルシューティングチケットの送信、問題の解決などを自分で行うことができるため、顧客からのサポート依頼電話の件数が減少します。

Sugar 管理者は、スタジオを使用してレイアウトの変更やカスタムフィードの作成を行うことにより、セルフサービスのユーザージャーニー全体を簡単に調整することができます。これにより、パーソナルエクスペリエンスとブランドエクスペリエンスが向上します。

セルフサービスポータルを導入してみませんか?

Sugar のセルフサービスカスタマーポータル機能により、顧客満足度と顧客維持率を高め、各メンバーの生産性を向上させることができます。