業界 メディア/技術
場所 ヴェーデマルク (ドイツ)

課題

グローバルビジネスの大幅な成長とチャネルの多様化により、Sennheiser の経営幹部は、孤立したサイロにデータが保存される自社製ソリューションでは今後対応できなくなると判断しました。同時に、世界中に分散している従業員が顧客を包括的に把握できるような堅牢な CRM が必要だと認識しました。CRM は Sennheiser の多様な販売チャネルに対応できるばかりでなく、顧客サービスやマーケティングにも拡張できる必要がありました。

ソリューション

以下の理由により、Sennheiser は同社の複雑な要件に最も適しているのは Sugar であると判断しました。

  • グローバルに分散しているユーザーおよび顧客ベースをサポート
  • Sugar を ERP、ビジネスインテリジェンス、ソーシャルメディアと連携させる容易さおよび費用対効果
  • SugarBPM™
  • B2B と B2C の販売、カスタマーサポート、マーケティングをサポート
  • 連携が容易で政府のデータセキュリティ規制に準拠するオンプレミス展開

Sennheiser はマイク、ヘッドフォン、ワイヤレス伝送装置の製造、配送、販売を手がける世界的なリーダー企業です。オーディオ業界の未来を築くことを誇りにしています。この同族会社は 2 つの部門で構成されています。消費者システム部門は、売上の 50% 近くを創出しています。プロフェッショナルシステム部門では、マイクやヘッドフォンを演奏者、会場、スタジオ、放送局向けに提供しているほか、企業の会議や会議センター向けにオーディオソリューションを提供しています。同社は 2013 年にエンジニアリング部門でエミー賞を受賞しています。

結果

グローバル展開、複数の販売チャネル:Sennheiser は Sugar を利用して 40 か国のユーザーに向けてソリューションを展開しています。Sugar は当初、B2B 販売を支援するために使用されました。その後、B2C にまで拡張され、小売センター、e コマース、パートナーシップの管理にまで使用されるようになりました。Sugar は複数の事業にわたる多様な顧客データベースの管理を支援し、収益を高めるセールスやマーケティングのインサイトを提供しています。

カスタマーサービスとマーケティングの拡大:Sennheiser は近頃、Sugar の導入をカスタマーサービスにまで拡大し、新しい販売機会の特定に役立つ顧客ライフサイクルのデータを収集するようになりました。企業顧客から個人ユーザーを割り出して、クロスセルの成功につなげています。

顧客ライフサイクル全体にわたって強化されたビジネスインテリジェンス:Sennheiser は Sugar により顧客ライフサイクルを可視化させ、個人レベルでの商取引にまで拡大させることにより、競合他社をリードしています。セールススタッフはモバイルデバイスを使用して、セールスや電話のメモの入力、顧客の概略図やパフォーマンスレポートの呼び出しを簡単に行うことができます。他の人々や会場が Sennheiser の設備をどのように使用しているかを見込み客に示すこともできます。

Sennheiser は将来を見据えて、マーケティングと見込み客生成のためにソーシャルメディアを使用することを計画しており、そのプロセスワークフローの作成を進めています。最近ではケース管理用の拡張フォームを開発しました。

インテグレーション

  • IBM Connections:イントラネットコラボレーション
  • JD Edwards Enterprise:ERP
  • MicroStrategy:ビジネスインテリジェンス
  • Spredfast:ソーシャルメディアモニタリング
  • Evalanche:マーケティングオートメーション
  • Skype4Business:カスタマーコール

ソリューションパートナー

Insigno CRM
場所: カナダ  //  または  //  ドイツ
mirco.mueller@insignio.de
+40 561 31 666 328